よくある質問

HOME > よくある質問 > 自社にて社葬を行う場合のQ&A 37〜48

よくある質問

自社にて社葬を行う場合のQ&A

37. 役員に任命されたら、服装はどんなことに注意したらよいか?

葬儀委員長や、副委員長はモーニング、葬儀実行委員や、各係は略式礼服で係を明示した白と黒のリボンをつけておくと、参列者側にも分かり易くてよいでしょう。
この頃、会場で時々みかけるのは、色ものの靴下をはいた若い人です。これは、会社の常識を疑われることになりかねないので特に若い社員の方には細かい服装の指示をしておく必要があります。カッターシャツも、無地の白に統一する指示を出しておいた方が無難でしょう。

Q&Aの目次に戻る

38. 帯締めの留め方の向きにはどんな意味が?

昔から、弔い事では下を向き、祝い事では上を向く、とよく言われています。
上を向くとは「あやかりたい」、下を向くとは「あやかりたくない」、という意味あいが込められています。

Q&Aの目次に戻る

39. 接待係の服装はどうすれば?

【 女子社員が担当するケース 】

  1. 女子社員に貸衣裳の黒のワンピースを揃えるケース。
  2. 喪章をつけたユニホームで接待をするケース(派手な色づかいのユニホームは好ましくない。ブルー、グレーなどはよいでしょう。)
    ※長い髪の女性は、黒いリボンで結ぶようにしましょう。

【 男子社員が担当するケース 】

略礼服が好ましい。

Q&Aの目次に戻る

40. 服装の指示は季節によってどう変えたらよいのか?

夏は、半袖、長袖とありますが出来れば長袖で揃えるとよいでしょう。また、上着は着るか否かを統一して指示を出しましょう。上着着用の場合、駐車場係だけは、夏、上着を脱いで、冬は、黒のコートをはおることを認めてあげましょう。駐車場係は会場外、または離れている場合が多いのであまり差し障りがないと思われます。

Q&Aの目次に戻る

41. 香典返しは誰の名前で出せばよいか?

喪主の名前で香典返しをするのがよいでしょう。その費用を会社で全額もしくは一部負担する場合があります。この場合、喪主側に所得税が発生しますので、所得税も含んで、喪主へお金の負担をしてあげるケースがあります。香典を喪家にお渡しすることが多いので、香典返しも喪主名で出す場合が多いようです。
また、職場一同などへのお礼品は,参列者のみにお礼をするケースが多く個人の名前が連名で入っている香典を頂いた場合は、その人数分だけ会葬お礼品をお渡しするのが通常です。

Q&Aの目次に戻る

42. 真夏、真冬での参列者への心配りはどのように?

焼香する場所と、焼香で並ぶ通路には、テントを張っておく必要があります。日照り、雨、などの為に、テントは多めに用意するとよいでしょう。又梅雨時などで雨が予想される時は、傘なども用意しておくようにします。真夏での社葬には、氷柱や冷たい麦茶などを用意し、真冬には、ストーブや使い捨てカイロなどを用意しておくとよいでしょう。
こういった、お客様をおもてなしする心配りが必要です。

Q&Aの目次に戻る

43. 葬儀終了後各係に対しての指示は?

葬儀関係社員、役員を集め、慰労の意味を含め、お茶会、食事会などを開いて、反省会と共に、葬儀後のお礼、挨拶には誰がいくのか、記録の整理分担などをしておくと、後処理の手落ちがなくて、よいでしょう。

Q&Aの目次に戻る

44. 香典は会社の収益としなければならないのか?

香典は遺族に対する弔意の印として、故人の霊前に捧げるものですから、その収入は原則として、法人の益金に算入する必要はないと考えられております。
その方が遺族にとっても、良心的対応と言えるでしょう。

Q&Aの目次に戻る

45. 葬儀後香典の処理はどうすれば?

会計係が袋の中身と、袋に記載されている金額を照合させ、会社へ報告します。
この時、間違いを防ぐため、複数の人数で金額を確認するとよいでしょう。
金額が合わないときは、中味の入れ忘れのケースが多く、その時は、「大変失礼ですが、袋の記載に2万円と書いてありましたが、入れ忘れがございませんでしたでしょうか」と表立てずに迅速に相手先経理で確認するとよいでしょう。

Q&Aの目次に戻る

46. 葬儀後の社員への報告とお礼の挨拶はどのように?

葬儀を終えた翌日、朝礼などで参列しなかった社員にも経過報告と、お礼の言葉を述べておくとよいでしょう。又社内報などがあれば、記事として報告するとよいでしょう。社員以外の葬儀関係方面へのお礼の挨拶は、早めに総務担当者と遺族が一緒に伺うとよいでしょう。

Q&Aの目次に戻る

47. 葬儀後、記録・保管しておく名簿はどんな物がありますか?

参列者名簿、来賓者名簿、供花供物目録帳、弔辞・弔電目録、香典一覧表、社葬費用一覧表などがあります。供花供物目録、弔辞文、弔電は喪家へお渡しするケースが多いようです。その他名簿は遺族関係、お客様関係、仕入先関係、故人の私的関係と区分けして、整理しておくとよいでしよう。今後の大切な対応データとなります。

Q&Aの目次に戻る

48. 社葬後の手続きはどんな事が?

故人の特殊の名義変更や、役員変更に伴う登記の申請、印鑑の登録など、法的手続きを始めとし、死亡退職金や弔慰金、葬祭費、団体・保険金など、会社側が行わなければいけない手続きは、なるべく早く行うようにしましょう。又遺族側が行わなければいけない手続きに関しては、総務が積極的に遺族に対応してアドバイスし、励ます心遣いをするとよいでしょう。
会社の顧問弁護士や、税理士を紹介してあげるのもよいでしょう。

【 取締役・監査役の死亡後の手続き 】

  • 取締役・監査役の選任
    役員の死亡によって定款などで定める役員数を割る場合、すみやかに臨時株主総会(株式総会)や臨時社員総会を開催し、後任の取締役・監査役を決めます。
    手続 必要書類 申請先 申請期日
    役員変更の申請
    14日以内に行います。
    1. 変更登記申請書
    2. 株主総会議事録または社員総会議事録
    3. 死亡診断書、または除籍謄本
    4. 就任承諾書
    法務局 14日以内
  • 弔慰金(慰労退職金)の決定株主総会又は社員総会において弔慰金を決定します。
  • 役員交代の連絡取引先をはじめ、組合、業界、関係団体に対し、文書にて死亡退任と新役員の就任を連絡します。

Q&Aの目次に戻る

ページトップへ