社葬のマナー

HOME > 社葬のマナー > 宗教別弔問のマナー

宗教別弔問のマナー

仏式の作法(焼香)

仏式の作法(焼香)

祭壇の少し手前で僧侶とご遺族に一礼します。

仏式の作法(焼香)

霊前に軽く頭を下げます。

仏式の作法(焼香)

両手に数珠をかけ、祭壇の前で一礼します。

仏式の作法(焼香)

抹香を親指、人差指、中指で摘み、軽くおしいただいて、静かに香炉に入れます。

仏式の作法(焼香)

焼香が終わったら、両手に数珠をかけて合掌し、一礼します。
※宗派により、作法や焼香回数など異なる場合があります。

仏式の作法(焼香)

最後に前向きのまま下がって僧侶とご遺族に一礼します。

神式の作法(玉串奉典)

神式の作法(玉串奉典)

神式の作法(玉串奉典)

神式の作法(玉串奉典)

神式の作法(玉串奉典)

玉串は根元の方を右手、枝先の方を左手で受取り、右に回し根元を祭壇に向けて置きます。このあと二礼二拍手一礼しますが、拍手はしのび手といって音を立てないようにします。

キリスト教の作法(献花)

キリスト教の作法(献花)

キリスト教の作法(献花)

キリスト教の作法(献花)

キリスト教の作法(献花)

牧師・神父・ご遺族に一礼して花の根元を左手、花を右手で受け取り、90度右に回して花が手前に向くようにして献花台の上に置きます。 手を合わせて頭を下げて黙礼します。

ページトップへ