社葬のマナー

HOME > 社葬のマナー > 訃報に際しての対応

訃報に際しての対応

取引先より訃報を受けたら何をすべきか?

電話で訃報を受けたら

必ず「いつ」「どこの」「だれが」死去されたのかを確認し、通夜、葬儀の日時と会場を聞きます。

弔電を打つ場合もありますので、喪主名、住所、必要に応じて電話番号を聞いておきます。

訃報の連絡用紙などがあれば記入します。

訪問

訪問

特に故人と関係が深い場合には、ご自宅に駆けつけます。このときは平服で構いません。

社葬の執行が決まり次第、社員に概要を通達し、社内からの問い合わせに対応するようにします。

長話をすることなく、用事が済み次第、失礼しましょう。

会社の対応

訃報が入ったら、直ちに会社としての対応を決め、迅速に行動します。

弔電の有無および、発信者名

香典の額および、供花・供物の取り扱い

葬儀参列者の決定

その他(お手伝いなどの申し出)

場合によっては、前例や同じ立場にある会社と相談して決定することもあります。

取引先より訃報を受けたら?
慌てずに、適切な行動をすることが大切です。まず社内の関連責任者に報告し、指示を仰ぎ対応の仕方を検討します。時と場合によっては緊急役員会を開き、対処の仕方を慎重に検討する必要があるでしょう。

検討事項

  1. 弔電を打つか打たないか
    打つ場合、社長名にするのか担当役員名にするのかを決定します。
  2. 訃報が遠隔地からの対応の仕方
    弔電、お悔み状を送るか、誰が駆けつけるのかを決定します。
  3. 社葬への対応の仕方
    出席すべきか、だれが出席するのかを決定します。
  4. 供花・供物を送るか送らないか、香典金額を決定
  5. 葬儀式、告別式への参列者は誰にするかを決定
  6. 手伝いをどうするのかを決定
    手伝いをする場合は、経験豊富なベテラン社員を選び、受付係や雑務などを率先して申し出るようにします。
  7. 弔辞を頼まれたら、誰が奉読するかを決定
    上記決定事項は速やかに指示、手配、行動に移します。

誰が参列すべきか

会社を代表して社葬に参列するのですから、慎重な人選が大切です。故人が会長や社長など企業の中心的存在であれば、参列する側もそれと同等の役職にあたる人が参列するべきでしょう。

参列者の決定

参列者が決まったら、早急に連絡するようにしましょう。特にご法事の案内が来ている場合には、できるだけ早く参列者数の確認を取り、先方へ伝えるようにしましょう。

参列者の服装

会社対会社という関係の社葬ですから、役員クラスの方々は正装で臨むことがよいでしょう。規模によっては、略式礼服のほうがふさわしい場合もあります。また、装飾品はできるかぎりひかえるようにします。

服装のタブー

服装のタブー

服装のタブー

弔問の際のお悔やみ

参列した際のお悔やみには、ご遺族や社員の方々の心情を察して、細やかな配慮が必要です。

お悔やみ挨拶では、不幸を連想させるような忌み言葉や重ね言葉は避けます。。

[忌み言葉]
苦しむ、つらい、とんだこと、浮ばれない、迷うなど
[重ね言葉]
重ね重ね、たびたび、返す返す、しばしば、ますます、再三など
お悔やみの挨拶例
「このたびは思いがけないことで、心からお悔やみ申し上げます。」
急な用事で参列できない時
取引先で弔辞の依頼や来賓席の準備をしている場合がありますので、まず取引先に電話を入れなくてはなりません。そして代理で参列する方に自分の名刺を渡し、受付で出してもらうようにします。

参考:お悔み状文例

ページトップへ