社葬百科

HOME > 社葬百科 > 社葬当日

社葬当日

1 総合リハーサル

開式2〜3時間くらい前までには式場に集合します。

手荷物などは一ヵ所にまとめ、大切に保管しましょう。

各係の責任者から点呼を受け、胸章を所定の位置に付けます。

運営本部長および、当社係員から、進行や注意点などについて簡単な説明をさせていただきます。


式進行の確認

当社係員が、式進行について簡単な説明をいたします。

葬儀委員長、喪主・ご遺族、葬儀委員、運営本部の方は参加をお願いします。


式場の確認・準備

各係責任者の指示により、所定の場所に配置します。

各配置場所の準備状況を確認します。

2 ご遺族のお迎え

お柩が式場にあるときは省略されます。

ご遺族・ご遺骨が到着するときは、整列してお迎えしましょう。

ご遺族は葬儀委員長の先導により入場します。葬儀委員は合掌又は黙礼でお迎えします。

お柩(ご遺骨)を祭壇に安置します。


各係の配置

各係の配置

3 受付の開始

開式1時間前に、会葬者の受付を開始します。

記帳をお願いします。

香典を拝受します。
(ご辞退することもあります。)

葬儀式に参列される来賓を控室に案内します。

開式15分前になりましたら、式場に案内します。

葬儀委員は、式場入口で参列者を迎えます。

来賓着席後、葬儀委員および葬儀に参列する関係者は式場に入り、着席します。

告別式に参列される会葬者を、待合所へ案内します。

遺族の意見を尊重し経験豊かな社葬ディレクターが滞りのない式典運営を致します。

4 遺族・来賓着席・導師入場

開式の10分前には遺族・来賓は席順に従い着席します。定刻になりましたら導師を案内します。

全員起立又は合掌してお迎えするようにします。

来賓予定者で代理人が参列されたときの対応は?
先方の社長を予定していても、都合により本人に参列していただけないケースもあります。役員クラスの代理人であれば、来賓席を用意するのが普通です。秘書の方、一般の社員の方が代理で参列される場合は、来賓全体のバランスを考えて、一般扱いにするケースが多いようです。

5 葬儀式開式・読経

司会者の開式の辞により葬儀式が開始され、導師による読経が始まります。
一般社員の参列について
社員の参列の範囲(例えば課長以上)を決め付けてしまうと問題になる場合があります。個人的にお世話になっていたときは、ぜひ参列したいなどの要望があるので「課長以上参列。ただし、ぜひ参列したいという人は総務○○まで連絡して参列すること」と通達するのがよいでしょう。一般的な参列者の範囲は「○月○日○時より故○○氏の告別式を行います。係長以上の者は参列すること。ただし係長以下での希望者は○○部○○まで申請をしてから参列すること。支店は支店長、営業所は営業所長のみとする。追って参列の詳細は連絡をいたします。」とすることが多いようです。
無宗教形式の社葬では
仏式や神式などのように決められた事柄が少ないため、式典のプログラムや祭壇飾り、BGMなどの使い方により、雰囲気が大きく変ります。祭壇を遺影と生花のみでレイアウトし、スポットライトを効果的に使用するのもよいでしょう。やわらかな光を当て、美しく彩られる祭壇は、たいへん厳粛でより故人が偲ばれる式典であるといえるかもしれません。また、読経の代わりにクラシックの音楽や、故人のお好きだった曲などを生演奏で奏でるなどの追悼コンサート形式が最近増えています。

セレモアでは、より故人が偲ばれる式典となりますよう、オリジナル祭壇や追悼コンサートなどのセレモニーもご提案させていただきます。

6 弔辞拝受

司会者の指名により、弔辞の奉読が始まります。来賓者の弔辞の場合は弔辞奉読ごとに目礼して拝受するようにします。
弔辞は誰に依頼したら

取引先代表

会社との深い重要な取引会社の社長などに故人の会社での功績を中心にお話し願うとよいでしょう。

友人代表

故人の私的な一面や人柄を偲ぶお話しをしていただくとよいでしょう。

社員代表

組合の執行役員や永年勤続の社員、役員を選出するとよいでしょう。また若手社員を選出して会社の将来の希望に満ちた話をしていただくケースも多いようです。

7 弔電奉読

司会者の案内により、弔電の奉読が行われます。電文を奉読せず、省略の場合にも、弔電をいただいた方の名前だけが呼ばれる際にも、目礼して奉読します。
弔辞の依頼の仕方
故人の親しかった上司や親友、交際のあった知人などに弔辞を依頼します。文面を考える時間が必要なため、早めに依頼するようにしなくてはなりません。また、二人以上にお願いする際には、内容が重ならないように「仕事」や「学生時代」などのテーマを決めていただくことも大切です。
ライバル会社からの供花の対応は?
近年の社葬ではライバル会社からの供花の位置づけは、敬意を表してかなり上位に位置するケースが多いようです。主催者側の考え方がこのあたりで大きく表現されてきます。対処に困った場合は、関連業界の組合ブロックの中に配置する方法がよく取られています。

8 葬儀委員長挨拶

焼香の前に葬儀委員長の挨拶が行われます。司会者より指名を受けたら、遺族側、参列側の順に一礼し、謝辞を述べます。

9 拝礼(仏式の場合)

社葬の焼香には、指名焼香と参列者焼香があります。参列者の焼香中は、葬儀委員長と喪主は、答礼のために起立します。

指名焼香の順位

指名焼香の順位は?
(1)議員、(2)業界代表者、(3)取引先代表、(4)金融機関、(5)友人代表、(6)役員代表、(7)社員代表の順で行われるのが一般的です。しかし、会社の立場や故人とのお付き合い、遺族の意志などを考慮し、慎重に決定します。

10 葬儀式閉式

司会者の閉式の辞により、葬儀式は終了となります。葬儀委員長、喪主、遺族の順で一度退席します。

11 告別式準備

告別式の開始まで、告別式の準備と場内整理のために5〜10分前後の休憩となります。この間立札の準備をします。準備が整ったら立札者は入場し、対機します。

12 告別式開式

参列者一同は、再び導師を迎え、司会者の開式の辞によって告別式は開始されます。
葬儀式と告別式の違い?
現在では、葬儀式と告別式が一つになっていますが、本来は別々のものです。大きな違いとしては、葬儀式は、故人を極楽浄土へお導きするための儀式。告別式は社会的に故人の死を世間に知られてお別れを告げる儀式。と分けられています。

13 拝礼(仏式の場合)

一般会葬者の焼香に続き、社員および、実行委員が焼香します。

14 告別式閉式

喪主の挨拶と、司会者の閉式の辞により告別式は終了となります。

15 導師退場

導師が退場されるときも参列者は起立して見送ります。

16 御霊退場

社葬終了後、ご遺族・ご遺骨を整列してお見送りします。

17 御霊御帰邸

自宅にお戻りになられたら、ご遺骨を後飾り祭壇に飾り、忌明けまで安置します。

18 式場の後片付け

式場内のテントや看板を片付け、使用した備品の数をチェックします。受付や手荷物預かり所で預かった品に忘れ物があった場合は早急に連絡し、大切に保管しなくてはなりません。各係が責任を持って、忘れ物や紛失物がないか確認をします。

19 解散式

各係や役員を集め、慰労の意味をこめた解散式を行う中で、葬儀のお礼、挨拶は誰が行くのか、記録の整理分担などをしておくと、後処理の手落ちがなくなります。
社葬を格調高く厳粛に行うには?
社葬で、社員が斎場通路に整然と整列し、ご遺骨と位牌が遺族に抱かれ入場してくる場面は、感動を覚えます。社葬としての儀式性を高め、社葬開始の演出効果も上がり、セレモニー全体を引き締め、素晴らしい社葬だったと印象に残ります。

ページトップへ