社葬百科

HOME > 社葬百科 > 弔電文例

弔電文例

NTT弔電文例

謹んで哀悼の意を表します

文字数(18)

ご逝去を悼み、謹んでお悔み申しあげます

文字数(26)

ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申しあげます

文字数(27)

ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔み申しあげます

文字数(33)

ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔み申しあげます

文字数(33)

ご逝去の報に接し、心からお悔み申しあげます

文字数(29)

ありし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈り申しあげます

文字数(36)

主人を亡くした妻への弔電文例

ご主人様のご逝去を悼み、謹んでお悔み申しあげます

文字数(34)

ご主人様のご永眠の報を承り、心よりご冥福をお祈り申しあげます

文字数(46)

ご主人様の他界の報に接し、ご冥福をお祈りいたしますとともに、ご家族様のご心中を察し申しあげます

文字数(63)

取り引き企業(遺族)への弔電文例

御社社長平成太郎様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申しあげます

文字数(50)

平成部長様のご生前のご功績を偲び、心からお悔み申しあげます

文字数(42)

平成部長様ご逝去の報に接し、故人の数々のご遺徳をしのび、衷心より哀悼の意を表します

文字数(60)

弔電の慣用句

哀悼(あいとう)

ご愁傷(ごしゅうしょう)

ご殉職(ごじゅんしょく)

ご他界(ごたかい)

ご逝去(ごせいきょ)

ご永眠(ごえいみん)

ご悲嘆(ごひたん)

追悼(ついとう)

追善(ついぜん)

悲命のご最期(ひめいのさいご)

弔電の忌み言葉

重ね重ね

返す返す

度々

また

追って

なお

アドバイス
弔電披露の際に読まれる場合を考慮して、耳で聞いても理解できる文をつくるよう心がけましょう。

ページトップへ