社葬百科

HOME > 社葬百科 > 社葬取り扱い規定

社葬取り扱い規定

この取り扱い規定例を参考に、自社社葬取り扱い規定を作成してください。

第1条(総則)

社業に功労のあった現職または元役員及び社員が死亡したとき、会社は社葬をもって遇し会社をあげて葬儀に当たるため、この規定を制定する。

第2条(決定)

この規定による社葬の実施については取締役会が決定する。ただし、該当する死亡者の遺族より社葬を辞退する旨の申し出があるときは、社葬を行わない。

第3条(名称)

前条により執行される葬儀を株式会社○○○○社葬と称する。

第4条(執行基準)

次の者が死亡した時は社葬を執行する。

  1. (元)会長または(元)社長が在職中又は退職後に死亡したとき
  2. 副社長、専務、常務が職務中に死亡したとき
  3. 前2号以外の役員が職務中に死亡したとき
  4. 社業に功労のあった社員で、取締役会が認める者が職務中に死亡したとき

第5条(費用)

社葬に要する費用は、自宅密葬費、戒名料等の遺族が負担すべき費用を除き、会社が負担する。

第6条(葬儀委員長及び葬儀委員)

社葬の葬儀委員長は特別の場合を除き、社長または会長とし、取締役及びそれに準ずる者は葬儀委員を担当する。

第7条(葬儀実行委員長及び実行委員)

  1. 社葬の実行は葬儀実行委員長が当たる。葬儀実行委員長は特別の場合を除き、総務部長とする。ただし、取締役が委員長の場合は葬儀委員を兼務する。
  2. 葬儀実行委員は葬儀実行委員長が選任する。

第8条(葬儀委員長の責務)

社葬に関する一切の業務の統括を行う。

第9条(葬儀委員の責務)

葬儀委員長を補佐する。

第10条(葬儀実行委員長の職務)

葬儀委員長の命により、葬儀実行委員会を主宰し、社葬の実質的な企画、運営を行い、社葬を完遂させる。

第11条(葬儀実行委員の職務)

  1. 葬儀実行委員長を補佐し、社葬遂行上の実質的な業務に当たる。
  2. 社葬の業務を分担し、それぞれの分担ごとに責任者を任命する。

第12条(社葬の服装)

社葬当日の服装は次のとおりとする。

  1. 取締役:モーニング
  2. 実行委員:
    男子/略式礼服またはダークスーツ、いずれも黒ネクタイ着用
    女子/黒ワンピース、黒靴

第13条(香典等の辞退)

社葬当日の香典、供花類は一切辞退する(香典などは遺族の収入とする。)

第14条(制度の運営)

本制度を適切に運営するため、法人は○○○生命保険株式会社と生命保険契約を締結するものとする。

第15条(規程の改正)

この規程は平成○年○月○日より実施する。

ページトップへ