社葬百科

HOME > 社葬百科 > 弔事の表書き

弔事の表書き

表書きの書き方と作り方

仏式の表書き

通夜のとき【お悔やみ】おくやみ

通夜のとき【お悔やみ】
おくやみ
葬儀の前に霊前に供える金品に使用します。白の封筒または市販の不祝儀袋でもけっこうです。

通夜のとき【お悔やみ】おそなえ

通夜のとき【お悔やみ】
おそなえ
故人が生前好んでいた品物を供えるときに使用します。果物や菓子にして生物は避けます。

通夜のとき【お悔やみ】おとむらいりょう

通夜のとき【お悔やみ】
おとむらいりょう
団体の関係者へ団体名で供える金品に使用します。

葬儀のとき【お悔やみ】ごこうでん(おこうでん)

葬儀のとき【お悔やみ】
ごこうでん(おこうでん)
霊前に供える香に代わる金包みに使用します。「御香奠」とも書きます。

通夜のとき【お悔やみ】ごれいぜん

通夜のとき【お悔やみ】
ごれいぜん
葬儀で死者の霊前に供える金品に使用します。(浄土真宗以外)

通夜のとき【お礼】おくるまだい

通夜のとき【お礼】
おくるまだい
僧侶への車代として渡す金包みに使用します。

通夜のとき【お礼】おふせ

通夜のとき【お礼】
おふせ
寺院や僧侶へ枕経通夜葬儀などお礼の金包みに使用します。

法要のとき【供養】ごぶつぜん

法要のとき【供養】
ごぶつぜん
法要で仏前に供える品物や金包みに使用します。

法要のとき【お礼】そくよう

法要のとき【お礼】
そくよう
法要の引出物に使用します。

葬儀のとき【お礼】こころざし(しるし)

葬儀のとき【お礼】
こころざし(しるし)
通夜、葬儀の際の世話役、手伝いの人へのお礼の金包みに使用します。

法要のとき【供養】ごこうりょう(おこうりょう)

法要のとき【供養】
ごこうりょう(おこうりょう)
霊前に香や花の代わりに供える金包みに使用します。

石塔購入のとき【お礼】にゅうこんおんれい

石塔購入のとき【お礼】
にゅうこんおんれい
新しく仏壇を設置したり、お墓を造ったときなど入魂供養のお礼の金包みに使用します。

御膳料【お礼】おぜんりょう

御膳料【お礼】
おぜんりょう
僧侶が飲食の接待を辞退した場合に渡す金包みに使用します。他に「御斎料=おときりょう」。

御席料【お礼】おせきりょう

御席料【お礼】
おせきりょう
葬儀を自宅以外(お寺、教会、一般の斎場)で行った場合の礼金に使用します。

戒名料【お礼】かいみょうりょう

戒名料【お礼】
かいみょうりょう
戒名を受けた礼金に用います。ただし、浄土真宗では「法名料=ほうめいりょう」を用います。

忌明志【お礼】きめいし

忌明志【お礼】
きめいし
香典返しや忌明け法要の引出物に使用します。他に「忌明=きあけ」。

御塔婆料【供養】おとうばりょう

御塔婆料【供養】
おとうばりょう
卒塔婆をあげる場合、施主(法要の場合は喪主とはいわない)に渡す金包みに使用します。ただし、浄土真宗は除きます。

茶の子【お礼】ちゃのこ

茶の子【お礼】
ちゃのこ
法要の軽い引出物に使用します。

神式の表書き

葬儀のとき【お悔やみ】ごしんぜん

葬儀のとき【お悔やみ】
ごしんぜん
神前の弔事全般に使用します。神前行事一般にも使用できます。

葬儀のとき【お礼】おさいしりょう

葬儀のとき【お礼】
おさいしりょう
神官へのお礼に使用します。神官行事一般にも使用できます。

葬儀のとき【お悔やみ】おんたまぐしりょう

葬儀のとき【お悔やみ】
おんたまぐしりょう
神前の弔事で霊前に供える榊の代わりに金包みに使用します。「玉串料」と書く場合もあります。

キリスト教の表書き

葬儀のとき【お悔やみ】おはなりょう

葬儀のとき【お悔やみ】
おはなりょう
弔事で死者の霊前に供える金包みに使用します。

葬儀のとき【お礼】けんきん

葬儀のとき【お礼】
けんきん
教会へのお礼の金包みに使用します。

葬儀のとき【お悔やみ】きいりょう

葬儀のとき【お悔やみ】
きいりょう
プロテスタントの弔事の金包みに使用します。水引きをつけるときは黒白銀白結びきりです。

書き方のこころえ
弔事の表書きは、薄墨の毛筆とし、楷書で書きます。表書きは、喪家の宗教を確認してから書きましょう。わからない場合は、宗旨を問わない「御霊前」と書くようにします。中包みは表面中央に金額、裏面左下に住所と名前を記入します。また連名で名前を書く場合、三名までとし、三名以上の場合は中央に代表者の姓名、その左下に「外一同」と書き、一同の名前は別紙に書いて包みの中に入れます。
包み方のこころえ

ご遺族に社葬内容を伝えます

(1)まず右端からたたむ。
(2)上下の端は下を上へ上を下への順。
(3)最後に左端をたたみます。
(4)完成。
渡し方のこころえ
ふくさに包んだ香典は、受付でふくさを外し、丁重にお悔やみを述べ、「ご霊前にお供えください」と一言添えて渡します。そのとき文字が逆さにならないよう注意します。

ページトップへ