社葬百科

HOME > 社葬百科 > お悔み状文例

お悔み状文例

お悔み状の文例

取引先に対するお悔み文例

御社○○○○殿ご永眠の報に際し、社員一同、心から哀悼の意を表します。
○○社長様は常々立派な経営理論で意欲的に事業に取り組んでおられ、私どもの範として尊敬申し上げ、御社とのお取り引きを無上の喜びにいたしておりました。それゆえ私ども大層心寂しく力を落としている次第でございます。名社長を失われた御社ご一同の悲しみはいかばかりかと拝察申しあげます。
しかし御社には、すでにごりっぱな後継者がおられますので、御社の前途は洋々たるものでありましょう。故人も心安らかなことと思います。
お世話になりました故人のご冥福を心からご祈念申し上げてご弔詞といたします。

同業者に対するお悔み文例

貴社取締役社長○○○○様には、かねてご療養中のところ、ご逝去された由、当社一同心から哀悼の意を表します。
故○○社長は名経営者の誉れ高く、先代より受け継がれて二十年余にわたり、貴社の堅実なご繁栄にご手腕を発揮されたばかりでなく、同業組合の理事長として業界の近代化、発展に大きく寄与されました。そのご功績は誠に大きく、私どもの偉大な指導者として尊敬を一身に集めておられました。
それだけに、貴社の悲しみはいかばかりかと拝察申し上げ、私ども同業者一同もその損失の大きさを痛恨いたしております。
尊敬する故○○社長のご冥福を心からご祈念申し上げ、寸志の香典をご霊前に捧げ、書中をもって謹んでご弔詞といたします。

取引先の店主を亡くした妻へのお悔やみ文例

ご主人様ご急逝との御事、突然の悲報に接し、ただ呆然といたしております。
平素ご健康そのものと拝察したご主人のことゆえ、いまだに信ずることができないほどでございます。十二分にお手を尽くされたことでございましょうが、突然の御事とてご一同様のご悲嘆は、いかばかりであろうかとお察し申しあげます。
このうえは、お心を強くお持ちなさいまして、ご主人が創業されました貴店を一層ご発展なさいますよう、ご子息様を中心にご一家ご協力のほどを、ご主人の冥福とともにお祈り申しあげます。
ここに謹んで、お悔やみ申しあげ、ご香料をご霊前にお供えいたします。

ページトップへ