社葬百科

HOME > 社葬百科 > 社葬後に行うべき項目

社葬後に行うべき項目

1 各種礼状の発送

供花類をいただいた方には、供花礼状を発送する。

必要に応じ、弔電の発信元には、弔電礼状を発送する。

香典・供物をいただいて、葬儀を欠席された方には、社葬終了の挨拶状を発送する。

2 会葬御礼広告の原稿

必要に応じ、御礼広告の掲載を手配する。

3 寺院・僧侶へのお礼

お礼の挨拶に参上し、お布施などをお渡しする。
(葬儀の終了後にお渡しする場合もある)

4 会葬者名簿の整理

参列者の会社名、役職、香典金額などを整理、記録する。

整理後確認、喪家側に提出する。

5 香典・供物の整理

いただいた先と内容、金額などを整理保存する。

整理後確認、喪家側に提出する。

6 弔辞の整理

拝受した弔辞を整理し、すべて喪家側にお渡しする。
(葬儀後に、そのまま渡す場合もある)

7 弔電の整理

拝受した弔電を整理し、すべて喪家側にお渡しする。
(葬儀後に、そのまま渡す場合もある)

8 記録関係の整理

写真、VTR、録音などを編集・整理し、保存する。

喪家側にも、一式お渡しする。

9 文書類の整理

社葬の準備から終了までの関係書類一式を整理保存する。

10 香典の処理

事前の決定に基づき、香典収入を処理する。

11 喪家側への挨拶

関係責任者と同行し、挨拶を行う。

必要事項の連絡を行う。

12 関係先への挨拶

主要な来賓など、特にお世話になった方には、喪家と同行しお礼の挨拶に参上する。

必要に応じ、菓子折などの手土産を持参する。

13 各方面への支払い

内容の確認を行う。

全体費用の総括を行う。

葬儀社、会場、関係業者などへの支払いを行う。

14 最終確認

各担当者を通じて、全体の処理状況を確認する。

必要に応じ、反省会などを開催し、全体を総括する。

15 報告書の作成

社葬全体の報告書を作成する。

必要に応じ、関係者に配布する。

16 香典返し

通常は、会社側で香典返しを行わない。

必要に応じ、喪家側の香典返しを会社側が補佐する。
(1)忌明けの挨拶を兼ね香典返しを行う。
(2)三十五日か四十九日の法要以後に行う。
(3)挨拶状を添付する。

17 法要

葬儀後の儀式には、会社側は関与しない。

法要に招かれた場合は、個人として出席する。

法要は、喪家側にて行う。

18 年賀欠礼

喪家側は、年末に年賀欠礼の連絡をハガキにて行う。

会社側は、例年どおりに年賀のやりとりを行う。

19 法的手続き

特殊の名義変更、登記や印鑑の変更などの手続きを行う。

退職金、弔慰金、保険金などの支払い手続きを行う。

20 遺産相続

個人的な遺産相続には、会社側は関与しない。

必要に応じ、税理士などを紹介し、手続きを補佐する。

ページトップへ