社葬百科

HOME > 社葬百科 > 社葬実務の最終チェックリスト

社葬実務の最終チェックリスト

社葬の準備事項

  項目 内容 担当者
1 香典の処理の決定

香典収入の処理方法をあらかじめ決定しておく。

  1. 経費は会社負担、香典は全額喪家側に提供。(非課税)
  2. 収入から経費を差引後、喪家側に提供。(贈与の対象)
  3. 収入、経費ともに全額会社の費用とする。(事業所得)

必要に応じ、香典収入の予測を立てておく。

香典類を辞退する場合は、その旨を事前に告知する。(新聞広告など)

 
2 葬儀会場の下見

葬儀社の立会いの元で、各担当とともに会場の下見をする。

会場側と社葬の詳細について協議する。

葬儀社と内容の詳細を協議する。

 
3 喪家側への詳細連絡

社葬の正式決定と内容を報告する。

喪家側の出席者と役割を決定する。

喪家側の出席者、および御霊などの送迎方法を決定する。

故人の顕彰品(勲章など)の用意を依頼する。

 
4 寺院・僧侶への依頼

社葬の執行を正式に依頼する。

葬儀内容について詳細を決定する。

僧侶の人数を確認する。

謝礼(お布施など)の金額をお聞きする。

送迎方法を取り決めておく。

 
5 担当係の詳細決定

各担当責任者が指揮する係と人員の内容を決定する。

必要な係員を選任する。

それぞれの係員に、担当すべき業務内容を指示する。

指揮系統を確認する。

 
6 案内状発送名簿の作成

参列者の名簿を作成する。

 
7 社葬案内状の発送

社葬案内状を作成する。

名簿に基づき社葬案内状をできるだけ早めに発送する。

  1. 弔電用の切手を使用する。
  2. 時間に余裕のない場合は、電話やFAXにて連絡する。

必要に応じ、社内および喪家側にも案内をする。

 
8 社葬案内広告の原稿

掲載新聞、スペース、内容、掲載日を決定し手配する。

  1. 通常は、密葬が終了してから掲載する。
  2. 掲載日は、社葬の10日位前の朝刊が適当。

必要に応じ、社葬の会葬御礼広告も事前に手配しておく。

 
9 弔辞の依頼

弔辞奉読の適任者を選任する(3名程度)。

弔事の依頼をする。

 
10 参列者席次の決定

密葬・社葬の席次を事前に決定しておく。

 
11 焼香順位の決定

密葬・社葬の焼香順位を決定しておく。(参列者の席次に準ずる)

焼香順位表に記入しておく。

 
12 供花類の決定

提供してくださる先を予測し、配列順序を事前に決定しておく。

関係各社から手配代行の依頼を受けた場合は、担当係にて申し受け、業者に一括手配する(業者の領収書を保管し、代金と引き換える)。

供花類を辞退する場合は、事前に案内状などにて告知する(新聞広告など)。

  1. 葬儀会場に辞退の旨を告知する看板などを用意する。
  2. 葬儀会場では、札無しの供花類で装飾を行う。
 
13 会葬礼状の手配

会葬礼状を手配する(会葬予測人数より、多めに用意しておく)。

 
14 会葬御礼品の手配

会葬御礼品(会葬者へお渡しする品)を手配する。

 
15 必要物品の準備

祭壇などの様式を決定し、葬儀社へ発注手配を行う。

会場設営の内容を決定し、必要な備品を用意する。

葬儀社と準備物品のチェックを行う。

借用する物品については、台帳を作成し、管理を行う。

  1. トランシーバー、携帯スピーカーなども用意する。
  2. 必要に応じ、会場へ臨時電話の架設を手配する。
  3. 必要に応じ、雨具なども用意する。
  4. 必要に応じ、案内看板なども用意する。

必要に応じ、「お車代」「心付」などを用意する。

 
16 服装の確認

葬儀委員は、全員がモーニングを着用する。

各担当係は、略式礼服を着用する。

必要に応じ、貸衣装の手配を行う。

 
17 胸章・腕章の手配

葬儀委員は、胸章を着用する。

各担当係は、胸章をつける。

 
18 実行前の最終確認

挨拶など重要な事項は、リハーサルを行う。

各担当責任者を通じて、進行状況をチェックする。

 

ページトップへ