社葬百科

HOME > 社葬百科 > 各担当の決定

各担当の決定

各種委員、担当の決定

総務の役割

葬儀実行委員長

社葬運営における実質的な最高責任者です。

不測の事態に対応します。

最終的な決定権を持ちます。

文書係

死亡通知状の作成

社内通達の作成

死亡広告の文案の作成と手配

会葬御礼の文案の作成と手配

連絡係

喪家への連絡

僧侶への連絡

取引先への連絡

来賓への連絡

社葬参列者への対応

記録係

写真撮影

ビデオ撮影

供花撮影

弔辞文保管

弔電保管

会計係

予算配分

香典の管理

各種見積りと経費管理

会計報告書の作成

遺族係

遺族との打ち合わせ

遺族、親族の送迎と接待

会場での親族との対応

弔辞・弔電係

弔辞の依頼

弔辞文の筆耕

弔電の受付と整理

供花・供物係

供花・供物の受付と手配

供花の配列

名札のチェック

ページトップへ

会場係の役割

会葬礼状係

会葬礼状・返礼品の管理保管・焼香後の配布

香典返しの管理・配布配送

接待係

僧侶の接待

来賓の接待

参列者の接待

式場案内係

一般会葬者の案内

焼香の案内

自動車係

駐車場の確保

警察への連絡

駐車案内・誘導

クローク係

会葬者の携帯品(傘、コート、手荷物など)のお預かり・保管と引き渡し

進行の役割

司会係

社葬の司会を補佐
(司会者は葬儀社に依頼します。)

進行係

葬儀社と進行、タイムチャートの作成

当日のタイムキーパー

弔辞奉読の時間管理

ページトップへ

接待の役割

配膳係

座布団、湯呑み、茶菓等、食事の手配

接待係

来賓、遺族親族、宗教家、一般会葬者の接待



社葬をスムーズに行う組織づくりのポイント
葬儀委員長の直属部署として社葬運営本部(総務部としてもよい)を設け、すべての情報をこの部署で管理します。不測の事態に即応でき、細かい判断と処理にあたる雑務問題処理係を各係のジョイント役として設けることがポイントです。当日は受付、待合室に待機するとよいでしょう。様々なトラブルに対し、ダイレクトに判断を仰げる直通の電話を設けるか、各担当責任者の携帯電話の番号を各部署に通達しておくとよいでしょう。
葬儀委員長を誰に依頼したらよいか?
葬儀委員長は、社葬執行にかかわる一切の最終責任者であり、個人葬の場合の喪主に当たる役割ですから、社葬当日式次第の中心的存在です。

公的立場の職員(加盟組合連合会等の会長、国会議員、県会議員、市区町村長など)

重要取引先の会長、社長

自社役員、社長、副社長

などの立場の方に依頼するケースが多いようです。候補者が数名出て会社の立場上はずせない場合、葬儀副委員長を設けるケースもあります。

ページトップへ