セレモアの信頼

HOME > セレモアの信頼 > 心からのおもてなし Credo

心からのおもてなし Credo(クレド)

「Credo」とは信条や信念という意味のラテン語です。

心からのおもてなし

心からのおもてなし

私ども「セレモア」は、昭和43年“奉仕する心”を企業理念に創業いたしました。以来、人の心をカタチにする神聖なセレモニーのお手伝いをさせていただいております。常に礼節を重んじ、誠心誠意“人間味のある徹底した心からのサービス”に努め、そして数多くの方々から“人生”を教えていただきました。現在の「セレモア」が独自のスタイルをつくりあげられたのも、これら様々な人との出会いからと信じ、深く感謝いたしております。そして株式会社HAYASHIDA-CS総研代表取締役(CEO)(元ザ・リッツ・カールトン大阪営業統括支配人)林田正光先生との出逢いから、心からのおもてなしを学び、2007年6月にセレモアのCredo(クレド)が完成いたしました。「セレモア」はお客様へのホスピタリティーと感動サービスを提供することをお約束いたします。

「セレモア」グループ 代表

企業理念

セレモアグループ 企業理念

「セレモア」グループのすべての業務を通し、
専門家としてお客様のニーズに最大限に応え、
会社の発展のため、
自らの生活の安定、向上、人間的成長の
ために最善をつくす。
これが「セレモア」グループの社員として、
また職業人としての責任と理念である。

セレモアのCredo(クレド)

セレモアのCredo(クレド)

私たちは「セレモア」グループ理念を基本に、人のため、地域社会に貢献し、「誠実な心」「感謝の心」「思いやりの心」「奉仕の心」でお客様に接し、心からの信頼と安心、そしてやすらぎを感じていただくことが最も重要な使命と心得ています。

そして、お客様が心から満足していただくために、「気くばり」「心くばり」と「忠誠心」をもって最高のパーソナル・サービスを提供することが私たちの喜びです。

さらに、「ありがとう」のお言葉をいただくために、ホスピタリティの心を育み、お客様が言葉にされないご要望やお気持ちをお察しし、思いやるサービスを大切にいたします。

CS・ホスピタリティについて

特別評価認定書

セレモアは、「日本CS・ホスピタリティ協会」の定めるサービス認定基準に合格し、CS(顧客満足度)推進企業として認定されました。

私たちは、日本の美しい「おもてなし文化」を推進するために、社会人として品格、マナーを身に付け、世界に誇れる「おもてなしの心」で、お客様へホスピタリティと感動サービスを提供することをお約束いたします。

いつもお客様と「信頼創り」を大切に、感謝の心、思いやりの心、愛の心を育み「美しい国 日本」の「おもてなし文化」を創造することがスタッフ全員の最も大切な「使命」と心得ます。

モットー 心からおかげさま「目くばり」「気くばり」「感謝の心」で一歩踏み込んだおもてなし

ページトップへ