社葬の形態

HOME > 社葬の形態

お客様のご要望をうかがい最適なプランをご提案。どのような形態の社葬もセレモアにおまかせください。

価値観が多様化する現代において、社葬に対する企業の考え方もそれぞれ違ってきています。企業が望むすべての社葬に対応するために必要なのは、豊富な経験と確かなノウハウに基づく、プロの技術と、お客様を大切に想う心。ここでは、大きく3つに分かれる社葬の形態をご紹介いたします。

社葬の形態は形式や規模により決まるのではなく、運営の主体と費用負担がどのようになるかで決まります。

社葬・団体葬

「社葬」とは、企業が運営の主体となって行う葬儀・告別式
です。団体が主体となる場合は、広く「団体葬」と呼ばれます。
多くの場合、まず近親者で密葬を行い、その後の奔走を「社葬」
として行います。

合同葬

ご遺族と企業が合同で主催する葬儀は、「合同葬」と
呼びます。多くの場合、ご遺族の意思・宗旨を反映した葬儀と
なるため、限られた時間の中で、ご遺族と会社との意見調整が
必要です。また、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀など
も合同葬と呼ばれ、密葬後に行う場合もございます。

お別れの会・偲ぶ会

一般的に社葬としての「お別れの会」は、密葬後、日を改めて
行われます。
企業の考えを反映させた自由な形式で行うことができます。
葬儀専用式場以外にに、ホテルなどで行われることもあります。

社葬に関する事前のご相談、お見積りを無料で承ります。ご指定の場所にいつでもお伺いいたしますので、お気軽にお申し付けください。 ホテルニューオータ二東 東京紀尾井町本社 ご相談窓口

ページトップへ