社葬について

HOME > 社葬について > 中堅企業のための社葬

中堅企業のための社葬

社葬は大企業が行うものであると誤解をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
最近では、大企業よりもむしろ中堅企業の社葬が増えています。

亡くなられた方が創設者の場合、オーナー企業の場合は社葬を行うことが多いようです。故人の会社に対する業績が大きいですし、後継者の問題も重要となるからです。
このような場合、きちっとした形で社葬を行うことにより、取引先に信頼を与えることが大切です。
また、社内的にも、新しい経営陣に対する求心力、忠誠心を醸成することができます。

中堅企業の場合、社葬を経験されている方が少ないことが一般的です。
セレモアでは、ご相談をいただいた場合、まず、社内規程の作成からアドバイスさせていただきます。社内規定が準備されていないと、いざという時に困ります。
また、身内の方が多くなりやすく、誰が喪主を務め、誰が葬儀委員長をするかなどを決定することも難しく(中堅企業の社葬の場合は、喪主兼葬儀委員長となることもあります)、このような件についても、専門的なアドバイスをさせていただきます。

ページトップへ