社葬について

HOME > 社葬について > 社葬の形態について

社葬の種類

社葬・団体葬

「社葬」は「個人葬」に対する言葉で、一般の個人ではなく企業が運営の主体となって行う葬儀・告別式です。法人が主体の場合は「法人葬」、官公庁などの公共団体が主体となる場合は「公葬」、その他何らかの団体が主体となる場合は広く「団体葬」と呼ばれます。
一般に、葬儀の主催者で弔問を受ける「喪主」を遺族の代表者が務め、葬儀の費用負担・運営責任者である「施主」を企業が務めます。
多くの場合、まず、近親者で「密葬」を行い、その後の「本葬」を「社葬」として行います。「社葬」では故人を企業に貢献した人物として捉えて追悼するとともに、企業のアピールを行います。

合同葬

喪家と企業が合同で主催する場合、あるいは、2つ以上の企業や団体が合同で主催する場合に「合同葬」と呼ばれます。
喪家と企業による「合同葬」では、一般的に、通夜から葬儀・告別式、火葬までを行い、葬儀・告別式は密葬、本葬という2回ではなく、一回で行います。
この場合、亡くなられてから葬儀までの時間が短いので、短期間での準備が必要となります。

また、葬儀の対象者が一人ではなく、複数の場合も「合同葬」と呼ばれます。

お別れの会(お別れ会)・偲ぶ会

宗教的な儀式性を重視せずに、自由な形式で行う葬儀・告別式を「お別れの会(お別れ会)」と呼びます。
一般に、社葬としての「お別れの会」は、密葬の後、本葬の代りにホテルや式場などで行います。
祭壇を飾り弔辞の拝受や献花など行う儀式的な形式のものから、無宗教で会食を中心に行うパーティー形式のものまで「お別れの会」の形式は様々です。
ホテルで行う場合は、一般に遺骨の持ち込み、焼香、読経などに制約があり、参列者も喪服ではなく平服を着用することも多く、無宗教の形式で行うことが一般的となっています。

ページトップへ